探偵の浮気調査はプロの技!素人には絶対無理と感じた瞬間5つ。高額費用も納得!?

探偵浮気調査・証拠集め

旦那の不倫がきっかけで、探偵に浮気調査を依頼することになりました。そのとき「探偵さんってスゴイ!!」と心の底から思う瞬間が何度もありました。大胆不敵な行動にもビックリ!私が目の当たりにしたスゴ技を厳選してご紹介します。浮気調査を自分でやろう!と思っている人は諦めがつくかも!?

ホテルの部屋の出入り現場を撮影

不倫の定番はラブホテルで、ラブホテルのときは建物への出入り写真で証拠として使えますが、ビジネスホテルのときは部屋への出入り写真でないと使えません。でもこれって考えてみれば結構難しいですよね。同じエレベーターにのって、同じフロアで降りて、二人が同じ部屋に入るまで後ろにいないといけないんですもん。そんなことしたら怪しまれるにきまっています。

諦めかけていたとき探偵さんから提案がありました。「お向かいの部屋に宿泊して、部屋の出入り写真を撮る方法があります」と。もちろんお願いしました!どうやら、ドアの隙間からカメラを構えて撮影したようです。2人で仲良く出てくる瞬間をしっかり捉えてもらえました!隙間もバレないほどのミリ単位の隙間なんでしょうね、きっと。

旦那のスマホをのぞいてしまう

「ご主人、スマホで今晩のホテルを探していました。」と報告を受けたのです。当時、訳あって自分で旦那のスマホをのぞくことができていなかったので、驚きました。どうやら電車内でスマホをのぞいたようです。素人の発想だと、ずっと後ろを追って歩いて浮気調査しているイメージですが、実はそんなこともないようです。その大胆不敵な行動にヒヤヒヤしつつもビックリしました!

長時間の待機も耐える

スゴ技というより、精神力の話です。ホテルに入って出てくるまでや、会社から出てくるまでなど、待つときは待たないといけないですよね。私はとにかく待機時間が長い依頼者だったと思います。いつも申し訳ないなと思っていたんですが…。一番長くて真夏に9時間、屋外待機でした。

また、先ほどのビジネスホテルでの部屋の出入り写真を撮影するときは、旦那と女がいつ部屋から出てくるかもわからないので、朝3時から起きて、ずっとドアの前で待機していたそうです。3時って…自分が休む暇もないですよね。

不倫の証拠は欲しいですけど、自分一人でここまでできるかと言えば、できないです。浮気調査って思っている以上に、地味で忍耐が必要なものなんですね。

テーマパークの人混みでも見逃さない

テーマパークに行ったとき、あとを追って中に入る場合もあるようですが、私の依頼した探偵さんは、出入り口で待機しているやり方でした。入るのを見送った後は、出てくるのをひたすら待つのです。何時間ものあいだ、何千人、何万人もの人が通り過ぎるのを見続けて、その中のたった二人を見つけるのです。知り合いだったらわかりますが、探偵さんと旦那は他人ですからね。しっかりと顔を覚えて、見落としなく同じ場所を見続けなければならないんです。

技であり精神力であり…本当にすごいなと思いました。

動画撮影の技術

浮気調査中はカメラをカバンにひそませて撮影していたようなのですが、歩きながら撮影すると、普通は上下に揺れたり、ぶれたりしますよね?ですがそんなものは全くありませんでした。また、常に旦那と女がレンズに収まっているのも感心するポイントでした。素人だと顔の前で構えていないと、レンズから外れたりしちゃいますからね…。

私の依頼した探偵さんは、動画がメインで、その動画から静止画を抜き取るやり方でした。動画は写真よりも精度が落ちる(画像が荒い)イメージがあったんですが、実際はそんなことはまったくなく、画像も写真もとてもキレイでした。そして街灯が少ない暗闇でも、しっかりと二人の顔がうつっていました。(ディープキスの舌まで写ってました!笑)機械の精度も高くて安心ですね。

まとめ

自分で旦那の後をつけて浮気調査しようかと考えたことは何度もありましたが、これだけの技術と精神力もないので、頼んで正解でした。どんな場面でも冷静にかつ正確に浮気調査ができるのは、やっぱりプロだからなんでしょうね。

高額費用にも納得した私でした。

探偵選びについては、こちらの記事で

ゆい

コメント

タイトルとURLをコピーしました