不倫相手への慰謝料請求は迷わずすべき!背中を押します!

慰謝料請求・弁護士

「悪いのは旦那だし、女性は巻き込まれただけだし…」「旦那が反省して戻ってきてくれるんならそれでいいかな…」などと、不倫相手の女への慰謝料請求を迷っているサレ妻さん。慰謝料請求はした方がいい!というかむしろするべき!というのがサレ妻YUIの意見です。

全力で背中を押します!

不倫するかしないかは女が決めること

私の旦那は4股不倫をしていました。結婚後に運命の人と出会ってしまった…!という一途なものではなく、明らかに旦那が餌をまきまくって釣り上げただけの話。悪いのは旦那です。笑 それはわかっていますが、4人全員に弁護士を通して慰謝料請求をしました。

我が家の場合は、旦那がしつこく誘ったんだろうなと思っています。でも、どんなにしつこく誘われても、それに応えるか応えないかは、女自身が決めることですよね?断ろうと思えば、断れます。ということから、不倫は、女自身の意志でしたものと見なし、女も反省すべきだと考えました。

不倫で苦しんだ自分の時間は戻らない

旦那の不倫が発覚してからというもの、朝から晩まで、さらには夢の中でも、私は不倫のことを考えていました。夢に相手の女がでてきたときは(facebookで顔を把握していたので本人が登場します)、罵倒したり殴りかかったりしていました。我が家は、子どもがまだ0歳で、とてもかわいい時期でしたが、一緒にいても子どものことなんて少しも考えられていませんでした。心ここにあらずな子育てをしていたのです。本来なら、子どものことで頭も心もいっぱいだった時期だと思います。でもそれができませんでした。もう一度、発覚前に戻って、子どもに向き合って時間を過ごしたい!と切望しても、叶うことはないのです。

時間は一秒ずつどんどん進んでいて、着実に死に近づいて行っています。その貴重な時間を、とてつもなく辛く苦しく、そして無駄に過ごしたのです。その責任は大きいです。

父親と子の時間、父親の愛情を奪った

子どもは、24時間母親と一緒にいますが、父親とは一緒にいられる時間が限られていますその時間をさらに削り取ったのが女です。我が家は、旦那と子どもが一緒に過ごせる時間は週末だけでした。その週末に旦那は不倫デートを重ねていました。クリスマスが重なっていた休日さえもデートへ繰り出していました。本来、100%の愛情が子どもに注がれるはずでした。それが女に持っていかれたのです。父親の愛情を必要としない子どもはいません。0歳であったとしても、必要です。そして、最終的に我が家のように離婚に至るのであれば、将来的にも父親からの愛情を奪うことになります。

女は子どもに対して、どう責任をとるつもりなんでしょうか。

慰謝料請求で反省させることが世の中のためになる!

「不倫はしたけど、まさか慰謝料請求までされるとは思ってなかった」という女が多いと思います。軽い気持ちでの不倫です。軽い気持ちだろうと、重い気持ちだろうと不倫は不倫。慰謝料請求の対象になります。いきなり多額の金銭を要求されて、そのとき女は初めて反省するのだと思います。いけないことをしてしまった…と。往生際の悪い女は、そのときは反省せず反論するかもしれませんが、慰謝料請求は逃れることができないので、いずれは支払うことになります。支払ってから反省するのかもしれませんね。

一度不倫をした女は、不倫に対するハードルが下がるため、旦那と別れてもまた既婚者と付き合うこともあるでしょう。そうすると、新たなサレ妻が生まれるのです。私たちのように、辛い思いをするサレ妻を今後うまないためにも…しっかり反省してもらいましょう。

さいごに

離婚しなくても、慰謝料請求はできます。額は少なめになるので、手間に感じるサレ妻さんもいるとは思いますが、世の中のため!と思って、一頑張りしてもらえると嬉しいです。私たちのような経験をする人は、一人でも少ない方がいいですからね…。

慰謝料請求で入った臨時収入を使って、美味しいものを食べたり、旅行へ出かけたり。辛く過ごした時間を、少しでも取り戻しましょう!慰謝料請求、一緒に頑張りましょう!

YUI

コメント

タイトルとURLをコピーしました