不倫で別居。準備のリストを紹介!離婚のときにも必要になるあれこれ

不倫で別居

不倫が原因で別居を考えているサレ妻さん。一刻も早く不倫夫と別居したい気持ちもわかりますが、子どもと必要最低限のものをもって家を飛び出ていくのは賢明ではありません。しっかりと準備をしてから別居した方がサレ妻には有利です!準備に必要なものを紹介します。

お金にまつわる資料がないと100%損をする

別居する時点で、その後に離婚するかどうか決まっている人もいればいない人もいると思います。今後どういう決断を下すのかわからないのであれば尚更!どちらに転んでも大丈夫なように準備しなければなりません。

離婚するとなったとき、もめるのはお金です。慰謝料、財産分与、養育費…何百万、何千万という単位のお金が動きます。きちんと資料が揃っていなければ、もらえるものももらえなくなってしまうのが現実です。離婚前の別居中に旦那に支払ってもらう婚姻費用も、旦那の収入が関係していきます。夫婦間の協議で婚姻費用の額が決められるのであればかまいませんが、会話すらできない場合もあると思います。そのときは、弁護士を通して調停で決める可能性も出てきます。

損をしないためにも、収入に関係するものは確保しておきましょう。

別居前に準備しておくもの

給与明細含む、お金に絡む書類はすべて、旦那の分と自分の分を用意します。書類は、原本が望ましいですが、持ち出せないものはコピーか写真を撮って対応してください。

私はすべてスマホで撮影し、弁護士に渡すときは、データとプリントアウトしたものと、両方を渡しました!

収入関係の資料

・源泉徴収票

・給与明細

・確定申告書

・課税証明書

収入関係は、旦那が持ち帰ってきた給与明細をコピーまたは撮影してください。課税証明書は、市役所へ出向いて取得します。住民票が同一でれば、旦那の分も取得できるので、別居前に必ず済ませてください。

予備情報ですが、課税証明書は、別居中に子どもを保育園に入れるときにも必要になります。追加で取得しておくことをおススメします。

預貯金・株式・債券

・預貯金通帳

・株式、債券などの証券

・銀行、証券会社からの郵便物

通帳を隠したり、隠し口座をつくって、資産隠しをする旦那もいます。いつもの通帳置き場だけでなく、旦那の机やカバンの中も探したほうがいいです。株は、結婚後に購入したものが財産分与の対象となります。半分はサレ妻のものです。株の購入時期や、所有株数が分かる資料があればなお良いです!

生命保険、学資保険関連の資料

・保険証券

・保険会社からの郵便物

結婚後に加入した保険は、共有財産となり、こちらも財産分与の対象になります。保険証券をコピーすれば大丈夫だと思いますが、保険会社、保険の種類、契約者、受け取り人、満期、解約返戻金がわかるものを用意してください。自分名義の契約だけでなく、旦那の契約で受け取り人がサレ妻さんになっているものもコピーを忘れずに!

不動産・車

・住宅ローン、車のローンの明細書

ローンは負の財産ですが、共有財産として把握する必要があります。契約書や権利書をコピーしてください。不動産に関しては、登記簿謄本(土地あ建物に関する所在、面積、所有者の住所・氏名、その物件の権利関係が記載されている書類の写し)も必要です。

相手の不貞(浮気・不倫)に関する証拠

・探偵の浮気調査の報告書

・メールのやりとり、写真、動画

・相手の発言などの録音

探偵に浮気調査を依頼したのであればその報告書と、自分で集めたものを準備してください。協議離婚できなかったら調停離婚へと進むことになります。そのときに旦那が有責者だと第三者にも理解してもらうためには、それなりの証拠が必要です。探偵に依頼するのが、手っ取り早く確実です!

別居のときに持ち出す自分のもの

・自分名義の預金通帳、届出印、キャッシュカード

・健康保険証、年金手帳

・パスポート、運転免許証

・実印、認印

悪用される可能性があるので、確実に持ち出すようにしましょう。運転免許証などの身分証明は、別居してからもなにかと必要です。荷造りでどこかにやってしまった!などということのないようにしましょうね。

さいごに

準備と一言で言っても、かなり大変です。サレ妻YUIも、旦那が仕事に出かけてから毎日、いろいろな引き出しを漁りまくっていました。笑

不倫された挙句、金銭的にも損をするなんて、あってはならない話。お金は子どものためのものなので、子どもに苦労させないためにも、準備をしっかりしてから別居するようにしてくださいね。

YUI

コメント

タイトルとURLをコピーしました