旦那の不倫相手へ慰謝料請求。弁護士を通じて住所特定中。

サレ妻YUIご挨拶&体験談

私の旦那の不倫相手の人数は4人。全員に慰謝料請求をします。その進捗状況です。

慰謝料請求に必要な情報(住所・氏名・連絡先)の特定

4人中3人の住所と氏名、連絡先の特定はできています。探偵の浮気調査、私の家庭内調査の証拠を合わせて、3人分の情報を確保しました。旦那のケータイや手帳から割り出したものもありますが、思いのほかSNSが活躍してくれました。特にfacebookは旦那の不倫相手も全員が利用していて、学歴、職歴、交友関係、結婚歴やパートナーの有無も確認できてしまいました。

また、熱心にブログを更新していた不倫相手もおり、手に取るように彼女の生活がわかっていました。不倫をしているのに、詰めが甘いなぁとつい思ってしまうものばかりでした…。

住所未特定の1人の住所を特定中

探偵の浮気調査をしていましたが、住所特定に至らなかった不倫相手が1人います。弁護士に相談したところ、携帯電話の番号から住所特定ができるということで、お願いしています。この携帯電話の番号からによる住所特定は全員ができるわけではなく、ソフトバンクの契約ではできないとのことでした。幸いにも旦那の不倫相手はソフトバンクではなかったのでなんとかなりそうですが…。弁護士を通すと、こんなこともできるんだなと感心してしまいます。

請求予定額は…

1人当たり300万円の予定です。これは弁護士が決めた額なので、私は合意したのみです。もちろん満額もらえることは100%ありませんのでそんなに期待していません。妻と子どもの人生を狂わせた代償で300万円というのは、はっきり言って安いと私は思います。私はバツイチのシングルマザーとして生き、子どもは母子家庭、片親で生きていくわけです。これから大きくなっていく過程で、参観日や発表会、父の日など、そのたびに悲しい思いをするかもしれないのです。小学校になって父親がいないことをからかわれることもあるでしょうし、中高生の思春期になれば、父親がいないことで負い目を感じて非行に走ることもあるかもしれません。

大人になり好きな人ができ結婚を考えるようになれば、相手や相手の両親に片親のことを説明しなければなりません。それが原因で破談になることもないとは言い切れません。そんな人生を何の罪もない子どもに強いたことを、不倫相手はわかっているのでしょうか?

「慰謝料で300万円なんて激安だし、払ったから許されるなんて思うなよ!」というのが私の正直な気持ちです。

請求方法

依頼した弁護士に一任していますが、私が依頼した弁護士は、まずは内容証明送るようです。その後返答があれば協議し、まとまらなければ訴訟にすると言われています。女性がどう出てくるかで対応が変わるので、どうなるのか見当もつきませんが、訴訟になるとお金もかかりますし、協議で終わってくれると一番いいなと思っています。

旦那に求償請求がくる可能性

不倫は、旦那と不倫相手の2人で起こしたことであり、共同責任です。慰謝料も分担する義務があるので、例えば女性が300万円支払ったら、その半額の150万円を旦那に請求できる、というわけです。ただ、現実的に考えて請求されることはないのでは?と予想しています。

一人当たりの支払額は多くて100万くらいだと予想しているので、旦那と不倫相手が分担しても50万円ずつ。その50万円を旦那に請求するために弁護士を雇うとすれば、着手金20万円、成功報酬20万円+手数料がかかります。分担して返してもらうはずが±ゼロ、もしくは赤字になってしまうのが現実です。旦那に求償請求したくても、現実をみて諦めるかと思います。よっぽど根性が腐った女は、弁護士も通さず旦那に直談判してくる可能性は捨てきれないですけど。

慰謝料請求することで、女性一人ひとりの本性が見えてくることと思います。そのどす黒いところが見られること、密かに楽しみにしているサレ妻の私です。笑

ゆい

コメント

タイトルとURLをコピーしました