不倫の証拠集めを自分でする方法とコツをサレ妻が伝授!【スマホ編】

目安時間:約 12分

旦那の不倫が発覚したら、サレ妻が早急にするべきなのは不倫の証拠集め。

 

サレ妻YUIは、探偵に浮気調査を依頼しましたが、同時に自分でも探して集めました

 

その方法とコツを紹介します。

 

今回は証拠の宝庫であるスマホ編です!

見つけるべき証拠は…?

まず、不倫の証拠=肉体関係があったとわかる写真、画像などです。

 

行為中の写真であったり、行為を連想させるメッセージのやりとり(「気持ちよかったね、またやろうね」など)を探していきます。

 

このページは、サレ妻さんが旦那のスマホを操作できることが前提でのお話になりますので、まだ操作できない人は、パスコード突破から頑張って始めてくださいね。

 

スマホのパスコードを突破する方法

 

まずは心の準備を。スマホからの証拠は刺激が強い

スマホから得られる証拠は、それなりに刺激が強いです。

 

甘い言葉のやりとりや、行為中の写真、デート内容を連想させるやりとりなど、見たくもない現実を見せつけられるものです。

 

心臓のバクバクが止まらなかったり、吐き気がしたり、緊張が続いてのどがカラカラになってしまったり…。

 

 

サレ妻さんの肉体的にも精神的にもキツイ作業です。

 

 

でも避けては通れない道なので、ある程度覚悟を決めてから取り掛かるようにしてください。

 

スマホでの証拠集めのコツと基本

スマホでの証拠集めは短時間チェック・撮る・元通りが基本です。

 

サレ妻YUIが実践していたコツは以下のものです。

 

・短時間で冷静に終わらせられるように、チェックするものを頭に入れておく

 

・旦那のスマホに自分の指紋認証を登録しておき、パスコードをスムーズにクリアする

 

・旦那のスマホを手に取る前に、自分のスマホの無音カメラを起動しておき、すぐに撮影できるようにしておく

 

・チェック前に旦那のスマホの状態を確認し、チェックが終わったら元通りにする

(一番最初に開いた画面が、旦那が操作中のアプリのため、旦那が再び操作したときに同じ画面が開くようにして終わる。また、チェックのために新たに起動させたアプリやページはきちんと削除する)

 

・不倫に関係するものは小さなものでも、とにかく撮影する(後々役に立つことがある)

 

・メッセージのやり取りは読まずに撮影することに徹し、あとでじっくり読む

 

 

最初のうちは、手が震えてしまったり、写真がブレてしまったりしますが、繰り返していくことで、操作も撮影もスムーズにできるようになります。

 

 

冷静に短時間に終わらせることを心がけてください。

 

LINEは非表示もチェックする

不倫でもっとも一般的に使用されているのがLINE。

 

不倫相手の女性が判明しているのであれば、その相手とのトーク(やり取り)を撮影していきます。

 

 

判明していないときは、1人ずつクリックして開いて、内容を確認するしかありません。

 

着信音や通知が出ないように設定されている人物や、トークが真っ白で削除されていたり、会話が途中で削除されて繋がっていないものは、要注意です!

 

また、非表示になっている場合もあるので、非表示のお話もしておきます。

 

 

 

LINEの非表示には①友達リストからの非表示②トークリストからの非表示の2パターンあります。

 

 

①友達リストからの非表示は、設定→友だち→非表示リストで、非表示設定されている人をリストで表示させることができます。

 

不倫相手女性の名前があれば、それをクリックすると友達リストに復帰し、トーク内容が表示できます。

 

 

②トークリストからの非表示は、少々やっかいです。

 

のように表示リストがないため、お目当ての人を友達リストから探し、その人の"トーク"のボタンを押すことでトーク内容を再表示させることができます。

 

不倫相手女性が判明していない場合は、大変になるかと思います。

 

 

サレ妻YUIの旦那は、LINEでのやりとりはトークリストから非表示にしている、または、トーク内容を削除する、の2パターンの方法でした。

 

 

忘れてはならないのは、非表示されていたのであれば、非表示に戻しておくこと

 

であれば、友達リストのページから、であればトークリストのページから非表示に戻してください。

 

名前のところを左にスライドすると、非表示ボタンがでてくるので、それだけで非表示にできます。

 

 

非表示というひと手間をあえて加えている不倫夫なのですから、非表示が解除されていると必ず異変に気が付いてしまいます

 

必ず忘れずにやってください。

 

写真フォルダー

肉体関係があったとわかる画像を探します。

 

 

裸で一緒に寝ている写真や行為中の写真や動画が証拠として有力ですが、旅行先での写真でも証拠として使えます。

 

例え不倫相手と一緒に写っていない景色の写真であったとしても、ラインなどで2人で旅行したことがわかる内容が押さえられれば、合わせ技で有力な証拠に昇格します。

 

静止画、動画のフォルダーはもちろんのこと、意味深な名前のフォルダー、ゴミ箱(削除済みフォルダー)にも証拠があるかもしれません。

 

 

不倫相手と写真を残す旦那はそこまで多くはないと思いますが、警戒心があまりない不倫夫や、ハメ撮りなどの性的嗜好のある不倫夫は、撮影している可能性があります。

 

行為中の写真を目にしてしまうと冷静ではいられなくなってしまうので、最初に心の準備をしておいてくださいね。

 

不倫の動向を探るための操作も一緒に行う

発着信履歴から

旦那の仕事の昼休みや帰宅時間に頻繁に電話をしている相手はいませんか?

 

相手が分かっているのであれば、その人との通話履歴を確認します。

 

電話した日時によって、会った日や待ち合わせをした時間、解散した時間がわかります

 

また通話時間によって、用事があったのか、声が聞きたかったのかなどを判別することができます。

 

通話時間が10分以上続いている場合は、私用で用がない電話の可能性が高いです。

 

 

その電話の時間帯によって、相手の仕事が終わる時間がわかったりもします。

 

発着信履歴は、あくまで通話の履歴だけなので、通話の内容まではわかりません。

 

しかし、予備的な情報として力を発揮してくれることがあるので、撮影することをおススメします。

 

 

近年格安スマホが普及してきたことで、softbank、au、DoCoMo以外のキャリアと契約している方も多いです。

 

キャリア専用の通話アプリがある場合があるので、そちらの発着信履歴の確認もしてください。

 

facebook、instagam、TwitterなどのSNSアプリ

SNSには個人情報がたくさん詰まっています。

 

ここでチェックするのは不倫相手の女の情報です。

 

非公開設定がされていない場合は、サレ妻さん自身のアカウントからチェックすることができますが、友達にのみ公開している場合は、旦那のスマホからでないと、不倫相手のSNSをのぞくことができません。

 

旅行やデートの投稿をアップしていないか、確認します。

 

見つけたらこちらも欠かさず撮影してください。

 

 

また、facebookのメッセンジャーなど、個人的にダイレクトメールでやりとりができるので、そちらのチェックもするようにしてください。

 

メッセージのやり取りは、その他にもSMS(番号のメッセージやりとり)、Yahoo!やGoogleのメール(アプリ)の可能性も捨てきれません。

 

一度は確認することをおススメします。

 

インターネットの検索

ホテルを予約していたり、レストランやテーマパークを調べたり…。

 

デートの日程や予定が把握できる場合があります。

 

クリスマスや誕生日が近いときはプレゼントの購入を考え、女性もののアクセサリーなどを検索しているかもしれません。

 

 

検索履歴は、ホテルの予約画面であれば証拠として有力ですが、それ以外は不倫の動向を探る程度で考えてください。

 

 

小さなことの積み重ねが大切なので、一つ一つ頑張ってくださいね!

 

 

さいごに

サレ妻YUIの経験上、最初不倫相手の女性が判明していなくても、旦那のスマホをこまめにチェックしていれば、必ず尻尾を出してきます

 

削除のし忘れや、削除前のタイミングで読めるときも出てきます。

 

根気強く続けていけば必ず証拠はつかめます

 

 

LINEで連絡をとる可能性が高いので、ラインの操作方法を練習し、スムーズな証拠集めに備えてくださいね!

 

応援しています。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:YUI

30代前半、子ども1人、サレ妻歴2年。産後から旦那が不倫してサレ妻に。探偵調査により複数股不倫が発覚。証拠を確保したあと、家庭内別居を経て別居。現在、弁護士を通じて相手女性に慰謝料請求中。

この状況から早く抜け出せるように、日々もがいてます!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリー
最新記事
検索

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。