旦那の不倫、探偵の浮気調査を依頼して本当に良かった!

目安時間:約 6分

旦那の不倫が発覚したときに、真っ先に思い浮かんだのは「探偵に浮気調査を依頼するか?」でした。

 

私の場合はグレーだったのでシロかクロかを確かめたかったことがきっかけでしたが、結果的にやっぱり頼んでよかったなぁと今は思っています。

 

お金もかかりましたが、慰謝料請求をしているので、マイナスにはならない予定です。

 

浮気調査の依頼に悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

慰謝料請求ができる

やっぱり一番はコレでした!

相手の女にどんな制裁ができるのか、あれこれ色々考えましたが、結局のところ法にのっとった方法での制裁が一番良いと判断しました。

 

下手な方法をとると、慰謝料がとれないどころか、自分が訴えられたりもします。(旦那の不倫が発覚!サレ妻がやらない方がいいこと【女への制裁編】)

 

 

「お金で済む問題じゃない!」と内心は思っています。

 

不倫されて苦しんだ時間や、幸せな結婚生活は二度と戻ってこないわけですから。

 

でもそれをお金で解決しましょう、というのが大人のやり方のようです。

 

 

女のもとにいきなり慰謝料請求の書類が届いたら、ビックリするでしょうし、アタフタするでしょう。

 

そして少額であったとしても支払いは逃れられないので、困り果てるでしょう。

 

それが目的です。

 

自分のしたことを後悔したり、嘆いてほしいのです。

 

 

私は弁護士を通す予定だったので、不倫の証拠は必要不可欠でした。

 

証拠がないときは、弁護士事務所へ行っても相手にされませんでした。

 

慰謝料請求を考えている人はぜひ検討してみてくださいね。

 

離婚か再構築かを自分が決められる

もともと不倫した旦那に、離婚するかしないかの決定権はありません

 

有責者は従うしかないのです。

 

つまりサレ妻の言いなりです!

 

 

ただそれは、旦那が有責者だと誰が見てもわかる証拠があればの話なんです。

 

証拠がなければ証明できませんから、性格の不一致だのなんだのと言われて一方的に離婚を押し付けられることがあるのが現実です。

 

なのでまずは、その決定権を自分が持つために浮気調査をするのです。

 

 

証拠を得たことで決定権を得た私は、不倫の証拠がお守りのようになって心が安定したことを覚えています。

 

「これで旦那に振り回されず、自分で自分の人生を決められる」

 

と思ったことを覚えています。

 

 

離婚か再構築か…とてつもなく大きな悩みです。

 

そんな大きな悩みの答えは数日では出るわけがありません。

 

数ヶ月、いや数年かかることだってあります。

 

 

私自身、慌てずにゆっくりじっくり今後のことを考えられたのは、探偵に調査を依頼したからだと実感しています。

 

悲しすぎる真実を知れる

できれば知りたくない…けれどやっぱり知りたい真実。

 

いつどこで誰と何をしているのか、当たり前のことですがすべてわかります。

 

 

調査結果では、ラブホテルに入る現場を写真や動画におさめたものを報告書としていただくわけですが、想定外!予想以上!!の悲しみを伴うのが報告書でした。

 

 

旦那が5股かけていたことだけでなく、高級ディナーを食べていたり、アクセサリーをプレゼントしていたり、手をつないで仲良く歩いたり、路上でディープキスをしたり…

 

ラブホテルの出入りしか頭の中になかった自分には衝撃的でした。

 

 

正直なところ、不倫相手が一人だと思っていたときは再構築を考えていました。

 

 

しかし浮気調査が進んで真実がわかったことで、離婚に舵を切ることができました

 

 

簡単には受け入れられないことでしたが、これが真実。

 

 

真実は知った方がいいのではなく、知るべきことです。

 

そこからでないと、今後のことは考えられないと私は考えます。

 

まとめ

浮気調査までしなくても…と考える人はいっぱいいると思います。

 

でも離婚するにしても再構築するにしても、浮気調査を私はおススメします。

 

それはすべて自分と子どものためです。

 

 

得られた証拠は、絶対にサレ妻を守ってくれます!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:YUI

30代前半、子ども1人、サレ妻歴2年。産後から旦那が不倫してサレ妻に。探偵調査により複数股不倫が発覚。証拠を確保したあと、家庭内別居を経て別居。現在、弁護士を通じて相手女性に慰謝料請求中。

この状況から早く抜け出せるように、日々もがいてます!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリー
最新記事
検索

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。