探偵の浮気調査の費用が高額だけど大丈夫!運用していると考えるべし!

目安時間:約 5分

旦那の不倫で悩む探偵の浮気調査。依頼を決断できない大きな理由は高額費用ではないですか?どんなに安くても10万円は払うのが一般的ですし、高ければ100万円を超えることもあります。でも、慰謝料請求をすれば、何倍にもなって返ってくる可能性があります。払いっぱなしではなく"運用する"と考えてみませんか?きっと踏ん切りがつくはずです!慰謝料請求の裏技も公開

 

 

慰謝料請求は必ずする!

浮気調査をするのであれば、離婚するしないにかかわらず、絶対に慰謝料請求はするべきです。それが自分のため、旦那のため、女のため、世の中のためだからです!痛い目に遭えば不倫の再発防止になりますし、私たちのように苦しむサレ妻を生まずに済むからです。

私はこの考えのもと、離婚するしないはともかく、慰謝料請求をすることを前提に探偵の浮気調査を依頼しました。

 

慰謝料の相場は、離婚した場合は100~500万、離婚しない場合は相手女性から50~300万といったところでしょうか。(料金の幅が広いのは、結婚年数、子どもの有無、不倫期間等のそれぞれの事情により変動するためです)

浮気調査に何百万もつぎ込まない限り、基本的にはもとは取れるのが慰謝料請求です。最初の出費さえ我慢すれば、あとで倍返ししてもらうことだって可能なのです。

 

離婚するなら裏技で高額請求する

まず、離婚する方が慰謝料は高額になります。旦那と不倫相手からそれぞれ慰謝料をもらうことができるのですが、総額500万円だとしたら、それを二人が折半することが一般的です。

ところが実は裏技があります。旦那に支払っておらうお金をすべて財産分与という名目にしてしまうのです。そして旦那からの慰謝料はゼロということにすれば、女性に満額500万円を請求することも可能になるのです。

 

離婚しないなら一生かけてもとをとる

離婚するときに比べて額は減りますが、それでも慰謝料請求はできます。旦那は家庭内のやりとりになるので基本的に支払われないことが多いですが、相手女性には請求が可能です。

旦那からお金が支払われないことに納得できないサレ妻さんも多いと思いますが、これから生涯、旦那のお金を使って生きていくと考えると、それはそれでもとはとれることになります。死ぬまでに旦那に払ってもらうお金の額は何千万という単位になりますから、額で言えば離婚しないお得、という見方もあります。

 

弁護士に頼らず自分で慰謝料請求する

弁護士に依頼すると、着手金、手数料、成功報酬などで何かとお金を支払わなければなりません。成功報酬は、支払われた額の16%(例:100万円であれば16万円)程度が相場となるので、決して安くはありません。私の場合は請求する人数が多かったこともあり(笑)、そこまでの精神的苦痛に耐えられる自信がなかったので、弁護士に依頼しましたが…相手が一人であれば、頑張れば自分でも請求できます。実際に自分で請求して300万円を受け取ったサレ妻さんもいます。

 

自分で請求する場合は、書類をそろえたり、相手と自分で交渉するなどの、手間や苦痛が伴いますが、一円でも多く手元に残すことを考えるのであれば、ぜひ自分で請求することを検討してください。

 

まとめ

私は調査日を迎えるたびに、ギャンブルをしている気持ちになっていました。「浮気調査費用○万賭けて、慰謝料で○万勝つ!」みたいな感じです。なので、証拠がとれると大喜びしてしまっていました。

 

浮気調査の費用は、本当にただお金を運用しているだけと私は考えます。払いっぱなしでこちらが損をすると考えてしまうと気持ちも進みませんが、倍になって戻ってくると考えて、ぜひ頑張ってください!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:YUI

30代前半、子ども1人、サレ妻歴2年。産後から旦那が不倫してサレ妻に。探偵調査により複数股不倫が発覚。証拠を確保したあと、家庭内別居を経て別居。現在、弁護士を通じて相手女性に慰謝料請求中。

この状況から早く抜け出せるように、日々もがいてます!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリー
最新記事
検索

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。