不倫サレ妻になった話

目安時間:約 5分

我が家の不倫のお話です。

 

 

旦那の不倫が始まったのは結婚からわずか半年、子どもが生まれてすぐのことでした。

 

育児で手一杯だった私は全く気が付がつかず、

 

 

「なんか様子がおかしい…」

 

 

と思い始めたのは、子どもが生後半年の頃です。

 

 

まさかと思って携帯を見ると、旦那は女性と会う約束をしていました。

 

 

そして私には「休日出勤」といって出かけて行ったのです。

 

 

 

深く考えないようにしていましたが、不安はどんどん大きくなっていきました。

 

 

そして日常生活に支障をきたすようになってきたので、やむなく探偵に調査を依頼しました。

 

 

 

私としては、証拠を押さえるためではなく、シロだと確認するための調査でした。

 

 

何もないとわかれば安心できるから、と思ったのです。

 

 

 

 

ところが、調査の結果はクロ

 

 

それも真っ黒でした。

 

 

平日の昼間からラブホテルへ行ったり、休日は家族をおいてデートを繰り返したり…

 

 

散々たるものでした。

 

 

その事実だけでもショックですが、さらに大きなショックがありました。

 

 

 

それは相手の人数。次から次へと発覚し、5人もいたのです。

 

 

 

これまでの人生で感じたことのない絶望感に襲われました。

 

 

文字通り"朝まで眠れない"日も多々ありました。

 

 

食べても吐いてしまい、体重は10キロ減りました。

 

 

動悸が止まらず、心臓が飛び出しそうな日が続きました。

 

 

外出先ではパニックを起こしてしまい、家への帰り方が分からなくなったこともありました。

 

 

 

ギリギリの精神状態での子育てに限界を感じ、心療内科にも通いました。そんな生活が半年続きました。

 

 

 

旦那に問いただしましたが、逆切れされるばかり。

 

 

反省どころではありませんでした。

 

 

ほどなく家庭内別居が始まり、半年後には別居へと移行しました。

 

 

 

 

正直なところ、自分がサレ妻になるだなんて、考えたこともありませんでした。

 

 

 

パニックになりましたし、生きているのも嫌になりました。

 

 

 

落ちるところまで落ちたと思います。

 

 

 

 

でもサレ妻になったからこそ、サレ妻さんの気持ちがわかるようになりました。

 

 

 

 

そう考えると、不倫されたことで得られたものもあったのです。

 

 

 

不倫されてよかった!と言えるほどの境地には行けていませんが、少しでも前向きになりたいと思いながら過ごしています。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:YUI

30代前半、子ども1人、サレ妻歴2年。産後から旦那が不倫してサレ妻に。探偵調査により複数股不倫が発覚。証拠を確保したあと、家庭内別居を経て別居。現在、弁護士を通じて相手女性に慰謝料請求中。

この状況から早く抜け出せるように、日々もがいてます!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリー
最新記事
検索

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。